2008年10月25日

京都紅葉名所─三千院

京都府の紅葉名所のひとつに三千院という寺院があります。京都市左京区大原に位置し、優美な極楽の寺として有名です。三千院は天台宗の寺で非常に由緒正しく、門跡(もんぜき)としての風格を備えた寺院です。創建からすでに1200年以上が経過しています。

三千院の往生極楽院にある阿弥陀三尊坐像は2002年に国宝指定されています。見所は往生極楽院のほかに宸殿、客殿、金色不動堂、円融蔵などがあります。三千院はまさに京都を代表する門跡寺院と言えます。四季を問わず多くの観光客が訪れています。

三千院は京都紅葉名所としても知られています。京都市の寺院には京都府を代表する数多くの紅葉名所があります。三千院の紅葉は京都の中でもトップを争う人気を誇っています。紅葉の見ごろは11月下旬〜12月中旬。この季節になると観光客がさらに増えます。

三千院の人気の理由は、池泉回遊式庭園の瑠璃光庭(るりこうてい)における苔の緑と紅葉のコントラストです。赤・オレンジ・黄色が鮮やかな美しさは息を呑むほどです。
紅葉は暖色のみで構成されているのでとても暖かな気持ちになり、穏やかに観賞することができます。

三千院はもともと京都では知名度が高いので、毎年多くの観光客が訪れるところです。秋という季節にはそこに加えて景色の美しさまで加味され、訪れる多くの修学旅行生や一般の観光客を魅了させてくれます。京都紅葉名所として、三千院は訪れるにふさわしいおすすめコースです。
三千院へ行くには京都駅から時間がかかるので、前日に大原のホテルや旅館にゆったり宿泊し、早朝から見るのもいいですね。
【京都 紅葉名所のサイト】三千院
posted by koto at 12:54| 京都紅葉名所 三千院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。